複数の借入先

最近、テレビコマーシャルなどで、よくおまとめローンと言う言葉を耳にしますが、このおまとめローンの基礎知識について、少し学習してみましょう。おまとめローンとは、複数の借入先からの借金を一本化するローンです。よく任意整理と混同されますが、任意整理は、グレーゾーン金利などを加味して借金の引き直しを行い、借金そのものの減額を借入先に対して交渉する行為であるのに対し、おまとめローンは、おまとめローンの借入先から新たな借入を行って、今までの借入先に対して借金を全額返済し、その新たな借入に対しての返済を行っていくという処理になります。おまとめローンは、それまでの借入よりも金利が低めに設定されていることが多く、月々の支払額も減りますので、負担が減ったように感じますが、それまでの借入額そのものが減っているわけではありませんので、借金を減額する効果は薄いといえます。また、場合によっては、返済合計金額がそれまでの借入金額を上回ってしまうこともありますので、慎重に検討する必要があります。他にも、おまとめローンの基礎知識として、知っておきたいこととしては、おまとめローンが利用できるのは、ある程度の収入が見込める人だけ、に限られます。やはり、おまとめローンもローンですから、借入には審査があります。返済のあてのない方は、おまとめローンよりも、任意整理を検討したほうがよいといえます。おまとめローンの利用には、おまとめローンの基礎知識をきちんと理解した上で、利用を検討されることをおすすめいたします。